キッチンコンシェルジュ - 『バッラリーニ』で作るおすすめレシピ Vol.02

2018.05.31

前回は、212Kおすすめのフライパンとしてイタリアのバッラリーニをご紹介しましたが、今回はそのバッラリーニを使うととっても美味しくできるレシピをご紹介します。

(前回の記事はこちらからご覧いただけます)
http://www.212kitchenstore.com/news/2018/05/180508-concierge.html

■イタリアンハンバーグ


2b61e2dcdcb9da5b6739abb31bcd297847d8ba81.jpg

【材料】4人分

・合いびき肉:400g
・食パン:1枚
・牛乳:50cc
・玉ねぎ:1個
・バター:20g
・卵:1個
・塩:小さじ1
・コショウ:少々

・トマトホール:1缶
・オリーブオイル:大さじ1
・にんにく:1かけ
・ブイヨン:1個
・砂糖:大さじ1
・塩、コショウ:少

【作り方】

ハンバーグ
① 食パンはちぎって牛乳に浸しておく。
② 玉葱はみじん切りにしてバターで炒めておく。
③ 合挽き肉をボウルに入れ、塩小さじ1とコショウを入れよくこねる。更に炒めた玉ねぎを入れて更にこねる。
④ 牛乳を浸したパンをしぼりながら③に入れ、最後に溶いた卵を入れて4個の平べったい俵型に成型する。
⑤ フライパンで中火で焼き、片面が焼けたら裏返して蓋をして中まで火が通るまで焼く。

トマトソース
① トマトのホール缶の中身をボウルにだし、手でくだく。
② 深めのフライパンにオリーブオイルと擦ったにんにくを入れて熱し、トマト缶中身を入れ、ブイヨン、砂糖、塩、コショウを入れて蓋をして煮込む。時々味見をして調味料を足す。

ハンバーグが焼けたら、トマトソースをかけて出来上がり。


春のパスタ

3c0daaa8865af278bef6c433f9bb8e9dba5e1fbb.jpg

【材料】4人分

・季節の野菜:1束
・生ハム:適宜
・パスタ:400g
・塩、コショウ:少々
・オリーブオイル:適宜
・にんにく:1かけ

【作り方】
① 小鍋に湯を沸かし、塩を少々入れて菜の花をさっと茹でる。(約2分)
② 大き目の鍋に沸かしたお湯の中に塩を入れパスタを茹でる。茹で汁は少しとっておく。
③ フライパンににんにくとオリーブオイルを炒め、菜の花をさっと炒め、ゆで上がったパスタと少量の茹で汁を加え、塩コショウで味付けする。
④ 生ハムを添えて出来上がり。


ハンバーグは皆さんご家庭で作られる定番レシピだと思いますが、そのハンバーグも道具が変わると味も変わるんですよ。

このバッラリーニフライパンで焼くと、とってもふっくら膨らんで驚くほど高さも出ます。

余熱なし、油も敷かず冷たい状態のフライパンにハンバーグの種を並べ、中火にかけます。これをコールドスタートと言います。

基本的には、コーティングがしっかりしているふっ素樹脂フライパンは、食材に油分があれば余熱の際の油は要らないので、結果として油分少な目のお料理が可能なんです。

膨らみ、高さが出る理由としては、フライパンの底面の板厚に関係しています。

厚みがしっかりあるので、熱を均一に伝え、そしてしっかり蓄熱します。

私もこのフライパンに出会って、ほったらかしにしてもお料理が上手にできる事を知りました。

また、バッラリーニのフライパンはデザインも素敵!

特に、御影石風のトリノシリーズはとってもオシャレです。

パスタや色鮮やかなお野菜が映えますね~ ついつい写真を撮りたくなります。キッチンに飾っておいても素敵ですね。

お料理は楽しくて美味しくなくっちゃ!

そんな夢を実現させてくれるフライパンたちです。

ぜひお試しください!


次回はフライパンでパン作り!?

パン作りってハードルが高いと思われている方も多いのではないでしょうか?

バッラリーニを使うと簡単に美味しいパンが作れるんですよ。

また、バッラリーニを長くお使い頂くための、お手入れ方法もご紹介します。

次回をお楽しみに~


キッチンコンシェルジュ 槇枝

  • ブライダル
  • コーディネート
  • メールマガジン会員募集