キッチンコンシェルジュ - 低温調理器で作るクリスマスパーティー

2018.12.18

181218_concierge_01.jpg

みなさん、こんにちは。

寒さが一層厳しくなり、クリスマスももうすぐですね。

ホームパーティーをされる方も多いと思いますが、今年はご家庭で簡単にプロの味が堪能できる「低温調理器」でパーティーメニューを作ってみませんか?

181218_concierge_02.jpg

低温調理器 ボニーク ¥19,800(税抜)

「真空低温調理」って最近よく耳にしますが、どんな調理なんでしょう。

簡単に言うとポイントは3つです!

温度管理をする

食材の持つ最適な美味しい温度を知り、その温度で調理することで食材本来の美味しさを引き出します(お肉(タンパク質)は加熱することで、食感に大きな変化が現れます。60℃を超えると肉・魚のタンパク質は固くなりはじめ、68℃を超えると水分を失いパサつき始めます。魚のコラーゲンは30℃付近でゼラチン化、45℃を超えると収縮します。野菜は92℃を超えると繊維が壊れシャキシャキ感を失います)。

真空にする

食材周囲の空気を抜くことで熱伝導率は高まり、水の中に入れた時の浸透圧は更に高まり、少ない調味料が均等に浸透します。

湯煎にする

高い熱伝導率のまま、設定した温度で全体的な加熱をすることができます。


何だかちょっと難しいように感じますが、欧米では「サイエンスクッキング」と称され、プロの料理家さんには多く用いられている調理法なんです。

プロの味がご家庭で再現?
できちゃうんです!では早速作ってみましょう。

まずはお肉の塊に塩コショウの味付けをし、ジップ袋に入れて真空にします。

181218_concierge_03.jpg

フードセーバー ¥16,800(税抜)
パックロール20cm 2個入り ¥2,980(税抜)
真空ジッパーバッグS 18枚入り ¥1,780(税抜)
真空ジッパーバッグL 12枚入り ¥1,780(税抜)


真空にするのにとても便利な、こんなフードセーバーもあります。簡単に確実に真空になります。

食材の酸化や冷凍焼けを防止でき、最大5倍も長持ちさせることができます。

コンパクトになるので冷蔵庫内もすっきり整理でき、無駄を省けるのもいいですね。

それでは、真空にしたお肉を低温調理器に投入。

181218_concierge_04.jpg

鍋にたっぷりの水を入れ(お湯からスタートでもOK)、ボニークの温度と時間を設定します。今回は58℃で2時間にします。

アイコンで表示されたタッチ式のボタンは直感的に分かりやすく、ダイヤルで温度と時間を簡単に設定できます。

本体を万力で固定するので、鍋の形状を選ばないのも嬉しいですね。

2時間経ったら、あとは熱したフライパンで表面を1分ずつ焼いてできあがり。

色味も綺麗でしっとり美味しい!

「今日は上等なお肉なの?」と家族が疑ってくれます!笑。

181218_concierge_05.jpg

また、付け合わせのかぼちゃ煮も簡単。ジップ袋にかぼちゃと調味料を入れて真空にし、ボニークで85℃ 40分。

調味料はごく少量で、かぼちゃ本来の旨味、甘味が引き出されます。

181218_concierge_06.jpg

181218_concierge_07.jpg

因みに、真空にするためにはフードセーバーがあると便利ですが、必ずしも無ければできない訳ではありません。

お湯に食材の袋を投入する際に水圧がかかるので、ゆっくりと空気を手で押し出しながら入れれば問題ありません。

ではデザートも作っちゃいましょう。

181218_concierge_08.jpg

タルトに欠かせないカスタードクリーム。

こちらも低温調理器で作れます。

181218_concierge_09.jpg

一定の温度で火入れができるので、小麦粉を使わずにグルテンフリーのクリームが簡単に完成。(80℃ 30分)


理屈が分かると面白い低温調理。

食材の最適な温度帯を知れば、こんなに美味しくなるなんて...

一度使ったらかなりハマります。


実は我が家では「鶏むね肉」に一番ハマっています。

「これ本当に鶏のむね肉?」と言いたくなるほどパサつきを一切感じず美味です!

181218_concierge_10.jpg

60℃で1時間ボニークで調理、その後オニオンスライスをのせてドレッシングをかけるだけです。

筋肉をつけたい高校生の息子がせっせと食べています 笑。


いかがでしたか?

ご自宅でレストランのようなクオリティーの調理ができる「低温調理器」。

是非パーティーにいらした方に「料理の腕があがったわね」と言わせちゃいましょう!


次回は「bamixと電気圧力鍋で作るおせち料理」をご紹介致します。

お楽しみに...


※ご紹介した商品は、取り扱いのない店舗もございます。また在庫切れの場合もございますので、予めご了承下さいませ。


キッチンコンシェルジュ 槇枝


これまでの記事は下記よりご覧頂けます
https://www.212kitchenstore.com/news/kitchenconcierge/

  • ブライダル
  • コーディネート
  • メールマガジン会員募集