キッチンコンシェルジュ - 「bamixと電気圧力鍋で作るおせち料理」

2018.12.26

181226_con_01.jpg

みなさん、こんにちは。


クリスマスが終わったと思ったら、もうお正月ですね。

お正月準備、急がなくては!

お正月といえば「おせち料理」。

今やデパ地下では、美味しい立派なおせちが販売されていますが、やっぱり手作りには敵いません!(と私は思っています!)

とはいえ忙しいこの時期、ラクして簡単におせちを作りたいと思いますよね。

そんな時に大活躍してくれる調理器具がbamix(バーミックス)と電気圧力鍋です!

181226_con_02.jpg

bamix(バーミックス) ベーシックセット ¥30,000(税抜)

bamixはハンディブレンダーを扱うメーカーで一番歴史のある老舗メーカーであり、初代発売から60年経過した今もなお、根強い人気があります。

我が家のbamixも既に15年は超えていますが、故障することなく今も現役です。

当時は「プロの料理家さんが愛用している道具」という憧れで購入したのですが、使ってみて良さを実感しています。

普段はスープ作りやスムージー作りに活躍しますが、今回はbamixを使って作るおせち料理をご紹介致します。


まずは、「伊達巻」。

形が巻物のようであることから、知識向上、文化発展を願う意味があります。

181226_con_03.jpg

はんぺん、卵、調味料を容器に入れてbamixで混ぜます。

あっという間になめらか~な生地が出来上がり。これを卵焼き器でふっくら焼き上げ、熱いうちに鬼すだれで巻きます。

そして冷めたら包丁でカット。切り口が可愛い伊達巻の完成です。意外に簡単なんですよ。

生地はちょっと焼き過ぎちゃったかも!と思うぐらいの色の方が綺麗に仕上がります。


続いて、「栗きんとん」。

金団と書いてきんとんと読み、金の団子の意味。金運や財運の向上、豊かな生活を願う意味があります。

181226_con_04.jpg

茹でたサツマイモに栗の甘露煮を混ぜます。甘さを確かめながらお砂糖を足し、bamixで撹拌します。

鍋に移して弱火にかけ照りを出します。

出来上がった金団はそのままでも良いですが、サランラップに包んで上部をひねると茶巾のようにするのも可愛いですね。


続いて、「紅白なます」。

その色合いがお祝いの水引のように紅白であることから、お祝いの席で並べられる料理のひとつになりました。

181226_con_05.jpg

別売り bamix(バーミックス) スライシーセット ¥11,000(税抜)

このスライシーセットがあると、フードプロセッサーの役割も果たします。

今回は千切りブレードをセットし、大根と京人参を千切りにします。

包丁で切っていると細さが揃わなかったりしますが、速くて綺麗!

そして音も静かなんです。大量に作って、箸休めの1品にするといいですね。


では、ここからは電気圧力鍋の登場です。

181226_con_06.jpg

シロカ 電気圧力鍋 1.3L ¥15,800(税抜) / 2.6L ¥19,800(税抜)

圧力鍋というと、「爆発しそうで怖い!」とか「使い方が面倒そう」という意見をよく耳にしますが、こちらは電気なのでとても安全でとても静かです。

使い方も簡単、よく作る定番メニューはプリセットされているので、材料を入れてボタンを押すだけです。

では、今回はこの電気圧力鍋を使って簡単におせち料理を作っちゃいましょう。

ますはお祝いごとには欠かせない「お赤飯」。

181226_con_07.jpg

まずは洗ったささげを5分加圧調理します。

20分程で圧力表示ピンが下がったら、ささげのゆで汁と洗っていたおいたもち米を内鍋に入れ、その上にささげを入れて圧力調理10分に設定しスタートボタンを押します。

181226_con_08.jpg

圧力表示ピンが下がったら、蒸らすことなく混ぜ合わせてできあがり。


続いて「筑前煮」。

181226_con_09.jpg

まず下ごしらえですが、レンコンは穴に合わせて丸く切り、人参は花形の野菜切型で切り抜き、立体になるよう包丁で細工します。

ちょっとした工夫で美しく華やかになります。

そして圧力鍋の内鍋に具材と調味料を入れ、加圧調理時間を6分に設定し、スタートボタンを押します。

181226_con_10.jpg

加圧が終わり、圧力表示ボタンが下がったら出来上がりです(約30分)。


最後に「黒豆」。

181226_con_20.jpg

一晩水につけた黒豆を内鍋に入れて、調味料を投入。圧力調理ボタンを押して加圧時間を16分に設定し、スタートボタンを押します。

加圧が終わり、圧力表示ピンが下がったら温めボタンを押して60分保温します。

火加減の調整も要らず艶やかな綺麗な黒豆のできあがりです。


いかがでしょうか?

全品作るのは労力が要りますが、こんな感じで可能なところを手作りするだけで、きっとおせち料理作りも楽しくなりますよ。


今年も残りわずか。

皆さま、体調にはお気を付けて、素敵な新年をお迎えくださいませ...


次回は「余ったお餅の楽しい活用方法」をお送りします。

お楽しみに...

※ご紹介した商品は、取り扱いのない店舗もございます。また在庫切れの場合もございますので、予めご了承下さいませ。


キッチンコンシェルジュ 槇枝

これまでの記事は下記よりご覧頂けます
https://www.212kitchenstore.com/news/kitchenconcierge/

  • ブライダル
  • コーディネート
  • メールマガジン会員募集